正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

相続トラブルを未然に解決する遺言書作成

遺言書作成は大富豪だけの作業ではありません。 自分たちではごく普通の庶民だと思っていても、意外と最近の高齢者は多額・多数の試算を抱えているものです。

美術品や田畑、土地の権利書、株券、現物資産など、こういった物も個人の遺産と十分なり得ますので、 遺産相続を巡る問題を未然に解決する意味で、生前にきちんとしたフォーマットの遺言書を作成しましょう。

個人でも遺言書作成は可能ですが、フォーマットにミスがあったり、保管方法にミスがありますと、 本人が希望したとおりに相続が進みません。面倒に感じるかもしれませんが、遺言書作成は専門家の指導のもと、生前に作成しましょう。

遺言書作成について

遺言書作成の方式は、民法で定められています。民法で定められている遺言書の方式には、普通方式と特別方式の2種類の方式があり、通常は、普通方式によって遺言書を作成することとなります。しかしながら、特例があり、危篤で死期が迫っていたり、遺言者が隔絶地などにいる際には、特別方式での遺言書になります。

初めはわからない事ばかりですので、遺言の説明が書いてある本を読んだり、遺言書キットの使用をお勧めします。また、東京や大阪などの都市部では、法律に詳しい期間や弁護士事務所が多くありますので、相談してみるのもいいかも知れません。

遺言書作成のポイントについて

遺言書作成を行いたいけれど、どのように作成を進めれば良いのか分からないという方もいることでしょう。資産を持つ方にとって、遺言書の存在というのは、遺された家族への意思表示方法の一つになります。

遺産が相続される際にトラブルが発生しないよう、遺言書の内容として、どのような相手に、どのような分配方法が行われるのか、明確に表記しておくことが大切です。大阪などの都市部を中心に、遺言書に関する様々な相談ができる専門機関は、全国的に多数見られます。弁護士や司法書士などの資格を有する専門家から、適切な情報が得られます。

遺言書作成は必ず行いましょう

亡くなった方が残された家族に充てる、最後のメッセージが遺言書です。財産等がある方は遺言書に書かれた内容をもとに、遺産分割を行っていきます。遺言書があれば、円滑に遺産分与をすることが出来るので問題ありませんが、遺言書が無い場合は、残された家族で遺産分与をしていくので、もめてしまい家族分裂を起こす場合が多いです。

そんな問題を減らすためにも、遺言書作成を行い、残された家族が仲良く過ごせるように分割をしておきましょう。残された家族の為にもしっかりとした、遺言書作成するようにしてください。遺言書は細かいルールが決められていますので注意が必要です。

遺言書作成したら弁護士に確認してもらいましょう

遺言書には、法律によって細かく書き方にルールが決められています。一つでもルールを破っていると、無効になってしまう可能性がとても高いので、遺言書作成をしたのなら弁護士に相談をして、ルールを適切に守っているのかをチェックしてもらうようにしてください。

弁護士は法律のプロなので、遺言書作成におけるルールを熟知しているので、どのように書いたら残された家族に伝わりやすいのかなども、アドバイスをしてもらうことが出来ます。無料相談を行っている弁護士事務所も多くありますので、気軽に弁護士を利用することが出来ます。

遺言書作成に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5