正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

子供が多い家庭は、遺言書作成が大事です

子供が複数いない家庭であれば、遺産の相続は比較的スムーズに行きます。 パートナーである旦那様、または奥様などに遺産が均等に相続されますので、遺言書作成を専門家に依頼する必要性は薄いでしょう。 しかし、一方で子供が複数人、いらっしゃる場合は後のトラブル回避を考えて、遺言書作成を進めるべきです。

自分の面倒をよく看てくれた長男には遺産分与の割合を増やしたい、反対にほとんど連絡を取ってくれなかった二男、三男には取り分を減らしたい、こういった思いを遺言書に反映させれば、希望通りに財産を遺族に分けられるでしょう。

遺言書作成するうえでのポイントとは

遺言書作成をするのは、法律を勉強していなければ目的に沿った作成する事は、少し難しいかも知れません。東京や大阪などには専門の機関もありますので、相談することを検討されて見てもいいかも知れません。遺言書を作成していく中で、重点を置いていくポイントは目的になります。

遺言書があることで、何が実現されるかを考えて作成して行く事が大切となります。せっかく遺言書を作成するのであれば、中途半端なものを作成するのではなく、10年後、20年後と続いて行く遺言書を作成する事が大切になってきます。遺言書があることで、家族や親族の生活が円満なものとなりますので、ライフスタイルの変化とともに作成する事をおすすめします。

遺言書作成を困難なく進めるために

遺言書作成を検討している方にとって、行政書士などの専門家に相談することはもちろん、相続に関する相談や遺言書作成についての認識など、情報を集めながらサポートを受けられる会社が重要な存在となります。

大阪を含め各地にありますし、インターネットでも検索が可能で、遺言書に関する背景がさまざまでも対応できる専門の知識を持つ会社が多くあります。相続に関するトラブルに対しても対応してもらえる場合があり、遺産相続について大きな不安を抱くことなく手続きが行えます。実際の手続きを進めないとしても、無料での相談に対応してもらえます。

自分自身で遺言書作成を行うメリット

自分自身で遺言書作成を行うメリット一体なのでしょう。まず代理人遺言書作成の場合には、市役所に申請をし、立ち合い任や、代理人がいる日を予約して、自分の意志に沿って遺言書を書いてもらう必要があります。

つまり代理人の人と予定が合う日まで待たなければなりません。しかし自筆遺言書であれば、遺言書のルールさえわかっていれば、自分が書きたいと思った時、365日24時間いつでも書くことができるのです。また自分しか書いているところは見ることがないので、文が思いつかなくても、時間をかけて、自分が納得する分を思いつくまで思う存分悩むことができます。

遺言書作成で留意すべき遺留分

遺言書作成は、多くの人の頭を悩ませるものかもしれません。自分の最期の言葉であり、家族へのメッセージになるわけですから重要な意味合いがあるのはいうまでもありません。しかしながら間違ってはならないのは、遺言書の内容がそのまま全て確実に叶えられる訳ではないということです。

この時のポイントが、遺留分となります。これは配偶者や家を継ぐ子ども、直系卑属に保障されているのです。遺言書に家族以外に遺産相続するなどとあれば、遺産を目当てにしていた家族には大事だからです。一定の条件を満たす必要はありますが、遺留分の存在を知っているだけで手続きがうまく進められるでしょう。

遺言書作成に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5