正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

B型肝炎の訴訟費用の金額について

B型肝炎の訴訟費用は、以下のとおりです。 まず、「印紙代・郵便代」。 訴状に貼る収入印紙代の5,000円と、裁判所への郵便代として4,000円がかかります。

ただし、場合によっては2万5,000円くらいの金額になることもあります。 次に、「各種の検査費用等」。 本人および親族が血液検査を受けなければならない他、病院の医療記録や戸籍を取り寄せたりしなければならず、それらの費用は本人負担となります。

他にも、B型肝炎訴訟費用には「弁護士費用」「弁護団活動費」などがありますが、これらは国から賠償金を受け取れる場合は、負担する必要がありません。

B型肝炎給付金を正しく受け取るには

B型肝炎給付金の制度は国によって細かく定められており、過去の集団予防接種による間瀬遠被害者と家族が対象とされています。対象者が正しい手続きを行う事によって給付金の受け取りが実現されるものの、裁判所で訴訟を起こす必要があり、どのように対処すれば良いのか分からないという方も多く見受けられます。

弁護士への相談によって、自分が対象に含まれているかどうかなどの情報が入手できると共に、手続き方法についても詳しく把握することができます。損をすることなく給付金の受け取りを進めるための、速やかな対処が求められます。

知っておきたいB型肝炎給付金の支給

集団予防接種を昭和23年以降に受けた方で、治療器具の影響でB型肝炎ウイルスに感染した方、または感染の恐れがある方は、B型肝炎給付金を受ける対象とされています。裁判所で訴訟を起こすなど、必要な手続きを行うことによって、給付金の受け取りが可能となります。

どのような方が対象に含まれているかという項目については細かく規定が存在しているものの、弁護士へ相談するなどによって把握することも可能です。相談業務は無料で取り扱われているケースも多く、費用が気になる方にとっても安心して利用できるよう整えられています。

B型肝炎給付金を受けとるには

B型肝炎給付金を受けとることができる対象者だと分かったら、請求をしなければ受けとることができません。これは特別措置法によるもので、誰でも簡単に受け取れないようになっているためです。対象者は、最大で約40数万人といわれていますが、実際にすでに受け取ったり手続き中の人を合わせても、40数万人には達していません。

つまり、自分が対象者だと知らずに過ごしている人が多数だということです。病気になっても、B型肝炎が原因だと思わずに治療を進めている場合もあるでしょう。家族が被害者でも対象になりますので、少しでも可能性があれば、弁護士に相談するといいでしょう。

B型肝炎給付金の存在を知って

B型肝炎ウィルスに感染していても、自覚症状がなく、献血で発覚することがあります。集団予防接種などで注射器が連続使用されてウィルスに感染した場合であれば、B型肝炎給付金が支払われます。生年月日にも限定があり、請求期限もあります。

肝臓がんで家族をなくした遺族も対象になります。手続きは煩雑ですが、独自にできないほどではありません。しかしながら、治療中であれば精神的な負担にもなります。費用はかかりますが、弁護士に相談すると煩雑な手続きから免れることができます。弁護士費用の一部も国から支給されるので、負担は一部軽くなります。

弁護士の仕事に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5