正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

知られたくない過払い請求

ネットから過払い請求について調べて、法律相談の依頼をする事もあるでしょう。

家族に知られたくないと考える人は多いみたいですね。しかし、家族と同じパソコンを使っている場合には、インターネットの履歴から探られてしまう可能性というのも考えられます。

もし、過払い請求をした事が知られてしまうと、借金をしているという事自体、知られてしまう可能性は高いと考えられます。それが困るというのであれば、履歴などが残らない様に削除しておきたいですね。

また、家族の利用するリビングに法律事務所や裁判所の書類が置きっぱなしになっていると、気付かれてしまいます。
郵便物や家の固定電話への連絡などは特に気を付けたいですね。

過払い請求手続きと業者への通報

借金返済や取立ての悩みには債務整理することで、借金を減額したり借金の支払いが免除になったり、払いすぎた金利(過払い金)を取り戻したりすることができます。 債務整理には任意整理、民事再生、自己破産という3つの手続きがあり、完済した借り入れに対しては過払い請求手続きができます。

弁護士が介入することにより借金の返済や取立てがとまります。 これに違反して取立てが行われた場合には業者を通報することができます。 さらに、弁護士に依頼すると最初から最後まで債務者の代理人となって交渉することができるので、弁護士費用はかかりますが、スムーズに、安全にそして確実に返還手続きを行ってくれます。

過払い金返還請求すると財産はどうなるのか

過払い金返還請求などの任意整理を行うと、財産がとられてしまうというように思っている人も多いかもしれませんが、任意整理をしても財産を失うことはありません。 過払い金返還請求とは、長期間金融業者と取引をした場合、払いすぎた利息が戻ってくるというものです。

これは、消費者金融などで、法律で決まっている以上の金利を超えた利息でお金を貸していることがあり、そのときに支払った利息と利息制限法で定められた利息との差額を、請求できるという債務整理の一つです。 個人でも請求することはできますが、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼した方が、スムーズに返還手続きを行うことができます。

過払い金や毎月の返済額を軽減する方法

多重債務で毎月の返済に苦しんでいる場合には、債務整理を行う事で無理のない返済や状況によっては過払い金の戻りなどが発生する事があります。過払い金の発生は、借入れをした時期や業者など様々ですが、少なくとも債務整理を行う事で毎月の返済額を軽減させるメリットや催促の電話や督促状などが自宅に届く事はなくなります。

任意整理を行うにしても、民事整理を行うにしても借入金の減額や負担の軽減につながりますし、自己破産による解決方法であれば、借入れ金は帳消しになる事から、多重債務に苦しんでいるのであれば、弁護士や司法書士などに相談をする事が解決策につながります。

日本における多重債務などの過払い金の現状

多重債務などで過払い金が発生してしまっている人も大勢いることでしょう。実は日本においては35兆円のほど、支払われていない過払い金があると言われています。かなり膨大な金額となっていて、該当する全員が請求をおこなえば、貸金業者が倒産してしまうでしょう。

倒産してしまった貸金業法に対して、請求をおこなう事はできませんので、このような実態を知った場合には、多くの人が請求をおこなうでしょう。その一方で、日本では500万人ほどの多重債務者が存在すると言われていますが、請求する人はごくわずかなことがあげられます。

借金・過払い・債務整理に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5