正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

信頼がおける遺言書の作成

遺言書は個人で作成してそのままという方も多いのですが、正式に認められないものも中には多く、問題となることも多いのです。

公に認められている遺言を作成するためには、公証人役場で作成する公正証書遺言の作成が信頼もおけ、作成者の意志を確実に実行できるといえます。

司法書士は、こういった遺言書の作成についてアドバイスを行ったり、問題該決へ導くことができるのです。

遺産相続などで問題となるようなことがありましたら、司法書士に相談してみましょう。

一般的な遺言書作成の種類とその内容

遺言書作成の一般的な方法には、大きく分けて直筆証書遺言や公正証書遺言、秘密証書遺言に分類されます。直筆証書遺言は、遺言者が直筆で書類作成する、最も一般的な方法です。内容を秘密にすることができる反面、遺族が遺言書の存在に気付かなかったり、記載方法にミスがある場合が多いです。

公正証書遺言は、遺言者の依頼で公証人が書類作成し、公証役場にて保管する方法です。政府機関に遺言を預ける訳ですから、最も信頼のおける方法と言えます。秘密証書遺言は、遺言者自身が書類作成したうえで、公証役場に保管を依頼する方法です。内容を秘密にしたまま遺言書の存在を明らかにできる反面、記載内容にミスがある場合も多いです。

正しい遺言書作成で故人の意思を尊重した相続を

遺言の内容はご自分で決めるのが当然ですが、遺言書の書式には細かな決まり事がありますので、ご自分一人で遺言書作成を行うのは避けた方が賢明です。誤った書式の遺言書は無効とみなされ、相続人が遺産分割協議を行うこととなり、故人の意思が反映されない遺産相続となってしまいます。

そうならないためにも、弁護士、司法書士、行政書士などの法律事務所に相談しましょう。一から遺言書作成を依頼することも可能ですし、ご自分で作った遺言書の内容を判定してもらうことも出来ます。実際の相続に関する相談も可能です。無料相談を行なっている事務所も多くありますので、まずはお気軽にお電話してみてはいかがでしょうか。

遺言書作成を行う場合の依頼

作成自体は、その人が行うしかありません。代筆を行う場合には、体の都合などを考慮して考えることになります。もし無理だと判断されている人なら、任せることで代筆も対応してくれますが、書けると判断される場合には対応する人が全て行います。

ただ確認しながら書けるようにすること、どのように書けばわからない時に対応してくれる人が大事で、依頼を出しておくことも重要になっています。遺言書作成を行う場合には、とりあえず依頼を出しておき、準備をしてから対応してもらいます。その方が負担を軽減しやすい傾向が出やすいのです。

遺言書作成と遺言書執行は合わせて専門家に依頼を

遺言書作成をしておけば、先の相続も一安心できます。しかし多額の財産を遺される場合、熾烈な相続争いが予想されます。たとえ遺言書が存在していても、欲深な人はなんとか内容を曲げようと手を尽くしてきます。

故人の意思を尊重した相続を行うために、遺言執行者を選任しておくのが良いでしょう。遺言執行者はいわば故人の代理人であり、相続のための手続きを執行する権限が与えられます。基本的には誰にでも任せることが可能ですが、遺言の内容を熟知している必要があり、法律の知識も持ち合わせていることが望ましいです。遺言書作成と合わせて、弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると良いでしょう。

遺言書作成に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5