正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

自己破産 民事再生 任意整理などの債務整理の特徴

債務整理は、借金を減額したり支払いに猶予をもたせる事により毎月の支払いで苦しんでいる人に借金のある生活から抜け出すための手続きのことです。債務整理には何種類か種類があり、自己破産や民事再生、任意整理があります。

自己破産や民事再生は裁判所を通して貸し金業者と交渉をして支払いが免除になったり、減額された借金を分割で支払って行く手続きです。任意整理は借金の減額や、金利の見直し交渉などを行い、毎月の支払い額を減額して生活に支障がでない金額で支払えるようにする手続きです。他の手続きと違い裁判所を通さずに直接貸し金業者と交渉します。

債務整理の選択肢のひとつである任意整理について

スマートフォンで消費者金融から借り入れをしたり、クレジットカードで買い物をしたり、手軽に利用できる反面、返済が滞ってしまうというのも珍しいことではありません。そのようなときには、弁護士へ債務整理を依頼しましょう。毎月一定の収入がある場合、任意整理を勧められるかもしれません。

将来利息をカットしたり、今までに払いすぎていた分の利息を元金に充当させるなどの交渉を行って、月々の返済額を軽減できるというものです。自己破産と違って借金が免除される訳ではありませんが、裁判所を通さないので手続きが比較的簡単に済むという利点があります。

任意整理と債務整理の違い

任意整理というのは債務を減額するための方法の一つであり、債務整理というのはこれも含めた債務の減額方法の総称です。他に自己破産、特定調停、個人再生等いくつかの方法がありますが、債務の総額や収入等を計算し最も適している方法を選びます。多く用いられるのは任意整理と自己破産です。

前者の場合は将来の利息分をカットしてもらい債務全額を返済する方法であり、後者は一切の債務を帳消しにする方法ですが良い点ばかりではなく、一切の債務を帳消しにする代わりに一定期間の就業制限や自宅等の有価資産を債務者に分配しなければいけない等デメリットもあります。

任意整理や債務整理の専門家

借金返済などが難しくなると債務整理を考える必要があります。その中には個人破産や任意整理などがあります。その多くが裁判所を介して実施されますが、任意整理はそれを介しません。つまり直接借入先と交渉を行うわけですが、なかなか自分だけでは難しい問題です。

そこで弁護士や司法書士に依頼する方法が一般的です。相手先との交渉で借金の減額や金利の引き直しなどを介して毎月の返済金額を抑えることが出来るかもしれません。その結果過払い金が発生して逆に払いすぎていたお金を取り戻せる可能性もあります。餅は餅屋で専門家に任せるのが一番安心でしょう。

債務整理 の中の任意整理は交渉力がポイント

債務整理 のひとつの手段である任意整理に向く人は、3年から5年の間に、継続して安定した収入が見込める人です。正社員でなくとも、パートでも年金受給者でも大丈夫です。借金を減らす事が目的ですから、必ず返済しなければいけません。もしも返せなくなったならば、その時は、民事再生や自己破産を選択することになります。

貸金業者との交渉は個人では困難ですから、弁護士に依頼する事になりますが、弁護士ならば誰でもが同じような結果を出してくれるわけではありません。任意整理の経験が豊かな、交渉に強い弁護士に依頼する事が大切です。

借金・過払い・債務整理に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5