正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

任意整理をして債務整理をしよう

債務整理の手続きには、任意整理、過払い金請求、民事再生、自己破産の4つの手続きがあります。その中の任意整理について説明いたします。借金があるけれど、「利息ばかり払って元金が減らず返済が大変」という場合に債権者と債務者の間で利息などを減額してもらえるよう交渉し返済総額を減らしてもらう手続きのことを言います。

自分で交渉しても良いですが、債権者も簡単には応じませんので、弁護士や司法書士の方にお願いするとよいです。その場合も、経験豊富な弁護士にお願いすることが重要です。なぜならば、債権者も経験が浅い弁護士や司法書士には、強気の態度で臨んでくるからです。

債務整理の相談で弁護士に任意整理を勧められたら

借金の返済で悩まされている場合、弁護士に債務整理の相談をしましょう。そのとき、任意整理を提案されるかもしれません。まず取引開始時に遡って引き直し計算をします。そして減額された借金の元金のみを返済する和解交渉を取引業者と結んで、3年程度を目安に分割で返済していきます。

月々の返済額が少なくなる可能性があるので、無理のない返済計画をたてることができます。自己破産の場合には手続き中勤務できる職業に一部制限がかかったり、マイホームを手放さなければならないこともありますが、任意整理であればそうしたデメリットはありません。

債務整理に は任意整理のほかに3種類あります

任意整理は借金を減額したり、支払いの期限を延ばして無理なく払えるようにする方法です。 債務整理 には、過払い請求、任意整理、民事再生、自己破産があります。貸金業者への借金の返済が済んだ人の過払い金請求と、貸金業者と現在取引中の人の過払い金請求は、全く違うものです。

取引が随分前に住んでいる人は業者が倒産したり、時効が来て請求が無効になる前にしっかりと請求する事がおすすめです。取引の期間が長ければ長いだけ戻ってくるお金も高額になります。現在進行形で貸金業者と取引中の場合は、債務整理になりますので注意が必要です。

債務整理と任意整理の違い

債務整理 は、どうしても払えなくなった借金を減額したり期限を延ばす事で、無理なく返す事ができるようにすることです。任意整理はその方法のひとつです。最もリスクが少ない方法だといわれますが、貸金業者との合意がなければ成立しません。借金をしている本人が業者と交渉するのは困難です。

弁護士に代用してもらう事になります。弁護士が間に入る事で、業者からの取り立てはなくなりますので、精神的にもかなり楽になります。取引開始時まで遡って利息制限法で記された上限金利まで利息を引き下げることで、減額した金額を分割して返済できる方法です。

債務整理で最初に選ぶ任意整理

債務整理 をする時に、最初に選びたいのが任意整理です。何故ならば、個人再生や個人破産に比べてリスクがあまりなく、デメリットも少ないからです。しかし、誰でもが選択できる方法というわけではありません。継続して収入が見込める人で、3年から5年の期限で絵返済できる人に限られます。

何よりも貸金業者との合意がなければ選択することができません。もしも、合意があり返済の途中で、払えない状況に陥ってしまった場合は、支払いの猶予を話し合う事になりますが、どうしても返済できない場合には、個人再生や自己破産の方法を選ぶ事になります。

借金・過払い・債務整理に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5