正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

事前に調べておきたい債務整理

弁護士などに債務整理の相談をすると、すべての手順を行ってくれるみたいですが、すべてを完全に任せてしまうのではなくて、できれば自分でもおおまかな内容くらいは調べて知っておきたいですね。

弁護士と話をする時に、債務者自信が債務整理に関する基本的な知識があると、話をする時にもすぐに理解する事ができますね。また、分からない事も明確にしやすいので、質問しやすいでしょう。

できるだけしっかりと内容を把握している方が好ましいでしょう。細かい部分については難しい事もあるかと思いますので、できる範囲で調べておきたいですね。

せめて自分の状態などは正確に理解する様に心がけたいですね。

車を手放さず債務整理ができる個人再生の特徴

最近はATMで簡単にキャッシングができるので、借金をしている感覚がなくなりついつい借りすぎてしまう人も多いです。借りすぎないためには、限度額を低めにするといいですが、どうしても返済が追い付かないという場合は、1人で悩んでいないで、法律の専門家に相談するといいでしょう。

法律の専門家に相談すると債務整理を勧めるケースが多いです。債務整理というと車などの財産を手放さなければいけないと思う人もいますが、個人再生は自己破産とは違い住宅や車などの財産を手放さずに手続きができます。 個人再生は債務は5分の1まで借金が減額されるので、毎月の返済が楽になります。

債務整理における任意整理の概要と特徴

任意整理は借金を抱えた人が裁判所を通さずに債権者と直接交渉して借金問題の解決を図る債務整理の方法です。一般的には借金の利息を免除してもらい、元本のみを3年から5年かけて返済していきます。

特定の債権者のみを選んで整理することができるため、住宅ローンや車のローンは残しつつ消費者金融の借金だけを債務整理することも可能です。一方、任意整理で減額されるのは利息のみなので借金の減額幅はあまり大きくなく、信用機関に事故情報として記録されるため一定期間ローンが組めなかったり新規にクレジットカードが作れないなどのデメリットもあります。

任意整理は債務整理でも一番簡単な手続き

任意整理は、債務整理でも一番簡単な手続きとして多くの債務者に利用されています。なぜ簡単なのかというと、裁判所を通して債権者と話し合いをしなくても良いからです。法律的な手続きであることに違いはありませんが、他の債務整理と大きく違うのは債権者と債務者だけで問題を解決できる点です。

任意整理は、あくまでも当人同士の意思決定を尊重するものであるため、自己破産や民事再生と違って裁判所がわざわざ審判を下す必要がありません。そのため、誰であっても利用しやすい手続きになっており、最も気軽に使える手続きであると言えます。

返済に行き詰まったら債務整理と任意整理の検討を

さまざまな業者に対してそれぞれ多くの借金を抱える多重債務の状態になると、いったいどれだけの借金が存在するのか、自分自身もわからなくなります。借金の総額がわからなければ返済の計画を立てることすらできません。

そこで、多重債務に陥ったら、まずは、弁護士などの専門家に依頼して債務整理を行い、現在の借金の額を正確に再計算してもらうことが大事です。債務整理で借金の全体像が把握できたら、現状で返済可能かどうかを検討します。このままでは返済できないようであれば、任意整理も視野にいれましょう。任意整理では返済に無理がない程度まで毎月の返済を減額するなどの交渉を、弁護士が業者と行います。

借金・過払い・債務整理に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5