正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

弁護士の仕事

TOP > B型肝炎訴訟 > B型肝炎訴訟の対象者の概要

B型肝炎訴訟の対象者の概要

昭和23年から63年までの期間におこなわれた集団予防接種などで、注射器が連続使用されてB型肝炎ウイルスに感染してしまった方と、その方から母子感染した場合は、B型肝炎訴訟を起こすことで給付金を受け取ることができます。前提として、感染の出発点が集団予防接種であることが挙げられます。

集団予防接種以外で感染の原因がある場合は対象にならないので、確認が必要です。給付の対象となる人の認定は、裁判所で救済要件に合致するか確認することになります。国との間で和解してB型肝炎給付金を受けるためには、さまざまな証拠を集める必要があります。

弁護士の仕事に関する情報

B型肝炎訴訟で話題のB型肝炎ウイルス検査を受けるには

自身がB型肝炎ウイルスに感染していないか、検査の経験がある方はどれほどいるでしょうか。「自分には関係ない」「検査をどこで受けるか分からない」「検査費用が高そう」などと思っている方が多いと思います。

実はB型肝炎ウイルス検査は、自身が住んでいる管轄保健所や各自治体が委託する医療機関で、無料検査を受けることができます。検査方法も血液検査なので、比較的抵抗なく受けることが可能です。

自身のB型肝炎ウイルスの感染の有無を知りたい方は、最寄りの管轄保健所や自治体に問い合わせてみてはいかがでしょうか。その結果によっては、B型肝炎訴訟の対象になるかもしれません。

B型肝炎訴訟を自分で起こすことができるか

B型肝炎訴訟を起こすために、弁護士にお願いするのは費用が心配という方がいらっしゃると思います。

B型肝炎訴訟は、基本合意書とB型肝炎特別措置法で和解の大枠は決まっていますから、原告と被告で争うことが少なく、自分で訴訟を起こせそうな気がしてきます。しかし、弁護士に依頼することによって、自分が給付金を受ける要件を満たしているか、和解の対象になりえるか判断してもらえます。

また、自分で裁判所へ提出する書類や証拠書類を準備するにはどのようにすればいいか、わからなくなってしまうこともありますが、それを防ぐことができます。

知っておきたいB型肝炎給付金の支給

集団予防接種を昭和23年以降に受けた方で、治療器具の影響でB型肝炎ウイルスに感染した方、または感染の恐れがある方は、B型肝炎給付金を受ける対象とされています。裁判所で訴訟を起こすなど、必要な手続きを行うことによって、給付金の受け取りが可能となります。

どのような方が対象に含まれているかという項目については細かく規定が存在しているものの、弁護士へ相談するなどによって把握することも可能です。相談業務は無料で取り扱われているケースも多く、費用が気になる方にとっても安心して利用できるよう整えられています。

B型肝炎訴訟の感染者と提訴数から見えるもの

B型肝炎訴訟は提訴数が約3万人、給付金の受け取り人数が約2万人です。厚生労働省の推測では約45万人の感染者がいるとされています。ですが、現時点では圧倒的に提訴する人数が少ない状況ですが、この背景には何があるのでしょうか?

恐らくは健康診断や人間ドックを受けていないために自分が感染していることに気づいていない人、この制度が認知されていない可能性、B型肝炎の対処外であると誤解をしている人がいると推測されます。

そもそも、色々な資料が必要とされるために諦めている人もいるのです。B型肝炎訴訟には提訴期限があるため、早急な対処が必要です。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

メニュー

司法書士に相談!HOME 過払い請求 債務整理 相続手続き 遺言書作成 交通事故の弁護士 B型肝炎訴訟 過払い 弁護士