正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

法律相談料が必要な司法書士

司法書士に払う費用というのは、実際に司法書士が解決に向けて行動を起こしてからではなく、顧客から相談を受けている時には法律相談料が必要になる場合が多いそうです。

この法律相談料が必要というのは成功報酬とは別に支払う必要があるものです。

無料相談を行っている司法書士もありますが、無制限に無料なのではなくて時間が決められている事もありますので、注意したいですね。一定の時間を超えてしまった時には費用がかかる事もあります。
後で知らなかったという事にならない様にしたいですね。

また、できるだけ事情を的確に説明できる様に、事前に自分で話をまとめておき、資料や証拠品がある場合にはそれらも持参する様にしたいですね。

司法書士は身近な法律家です

主な仕事の中に相続業務があります。相続業務は、身内の方が亡くなった場合には、遺産をどのように相続するのかを決めて、相続人の名義変更する必要があります。司法書士は相続による、不動産の名義変更の申請や、戸籍の収集や相続関係説明図の作成、誰がどの遺産を相続するのかなどを決めた、遺産分割協議書の作成などを行っています。

他にも相続放棄の手続きや、特別代理人の選任申立などで、家庭裁判所に提出する書類などの作成も行っています。多岐に渡り司法書士は活躍しているので、とても身近な法律家です。相続業務以外にも法律にかかわることならなんでも依頼をすることが出来ます。

司法書士と弁護士の違いって

弁護士と司法書士の違いが、一体どこにあるのかをきちんと説明して、といわれると困ってしまいませんか?実際ドラマなどに出てくるのは圧倒的に弁護士が多いと思います。まずこの2つの職業ですと当然ですが必要になってくる資格の種類が異なります。

弁護士は司法試験に合格する必要がありますし、司法書士も専門の試験に合格する必要があります。弁護士は法律学科に通っていないと試験を受けることができないので、そういった点も異なっています。仕事内容で大きく異なっている点はまず扱える金額です。弁護士はいくらでも取り扱いができますが、書士には140万円までという縛りがあります。

広がる司法書士の業務

最近になって司法書士の業務が広がっています。主な業務としては不動産や企業の登記が一般的でありましたが、法律が改定され借金相談をおこなえるようになりました。借金相談については定められた範囲内であれば、債務整理や過払い金の請求などがおこなえます。

また、今後を担う業務として成年後見があります。成年後見は認知症などで重要な判断能力がない人に対してサポートをおこなっていく制度となり、司法書士の業務の一環でもあります。私たちを取り巻く環境は、時代に合わせて変化していきますが、法律によってサポートもされています。

高齢化社会に貢献する司法書士

司法書士の仕事のなかに成年後見があります。精神的な障害や年配者に起こる認知症などによって、正確な判断ができず契約などに支障をきたす場合があります。成年後見はそのような人たちに法律的にサポートする役割を担っています。

成年後見は高齢化社会において重要な役割を担っていますし、これから超高齢化社会が起こる日本において必要な存在になります。成年後見については法定後見と任意後見の制度に分けられていて、任意後見は予め本人が万が一の場合に備えて後見人などを選任することができます。また、法定後見は判断能力が不十分な人に対して家庭裁判所が後見人などを選任できる仕組みになっています。

弁護士の仕事に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5