正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

成立した遺産相続手続きのやり直し

相続時の遺産分割協議が成立した後に、新たに遺産が見つかった場合など、その遺産相続手続きのやり直しを行う場合には、相続人全員の合意が必要です。

しかし、この場合の遺産分割は、遺産分割と認められず、新たに譲渡や贈与を行ったとみなされ、税務上、課税の対象となります。

また、合意がない場合でも、分割協議に相続人以外が参加した場合や相続人全員が参加していない場合、法律上の無効や取消しが認められた場合には、遺産分割のやり直しを行わなければなりません。

この場合の遺産分割は、法律上、分割協議が成立していないので、税務上においては通常の遺産分割として取り扱われます。既に相続税の申告が行われた場合は、修正申告や更正の請求を行う必要があります。

遺産相続手続きの適切な方法とは

遺産相続手続きを正しく行うためには、前もって裁判所などに出向くことで、適切な方法を理解することが肝心です。 最近では、遺産相続手続きを取る人が増えてきていますが、相続人同士のトラブルを最小限に抑えるために、数多くの法律事務所のスタッフに相談をしつつ、悩み事をすぐに解決することが良いでしょう。

一般的に、遺産相続手続きの進め方に関しては、土地や家屋などの金額によって、大きな差が出やすいことが知られています。 そこで、隙間時間を使いつつ、相続人同士の話し合いを進めながら、冷静に対処をすることがおすすめです。

相続手続きの大きな流れ

故人が亡くなった場合において同時にスタートするのが遺産相続になります。遺産の相続については故人が残した財産を相続人で分け合うことを言います。相続の割合や内容は法律である民法によって定められていて、それぞれにきちんと期限が設けられていますので、注意して相続手続きをおこなっていく必要があります。

相続の各種手続きにおいては、手続きをせずにそのままにしてしまうと、さまざまなリスクなどが考えられますので、一つ一つしっかりと対応していくことが大切になります。不安な要素などがあれば専門としている各種機関がありますので、相談してもいいでしょう。

借金の相続手続きについて

故人が亡くなってしまったと同時にスタートするのが遺産相続になります。遺産の相続においては故人の遺産だけではなく、借金も相続対象になりますので注意が必要となります。借金の相続から免れるには3ヶ月が期限となりますので、遺産よりも借金の方が多い場合には、それまでに遺産放棄をすることが必要になりますので注意が必要です。

相続手続きについては、目先の一つ一つの手続きにかかりきりになってしまう可能性がありますので、あらかじめ全体感をつかんでおくことが必要となるでしょう。できる限り早めに対応していくことがポイントになります。

相続手続きを間違いないための方法

結構相続手続きを間違えてしまい、色々と苦労している方もいます。少しでも楽をしたいと思っている場合、先に相談しておくといいです。相談すれば、わかっている方に教えてもらえることと、ミスを減らせる状況を生みやすいのです。弁護士の事務所でも構いませんし、相続については税理士でも対応している可能性があります。

とにかくわかっている人に相続手続きについて教えてもらい、知識を得てから自分で実施することが望ましいです。何も知らないのに続けていると、間違った相続を行ってしまうケースがあり、これが大きな苦労につながってしまいます。

相続手続きに関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5