正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

遺産相続手続きに税理士を使うべき時

遺産相続手続きを行うときに、税理士を使うという選択肢がありますが、どのような時に使うべきでしょうか。 基本的には、遺産の分配にトラブルがなく、割合が概ね決まっている場合に利用すべきです。なぜなら、相続税の計算と申告はできますが、相続のトラブルの解決は行わないケースが多いからです。

税理士は相続税の知識は持っていても、トラブル解決の知識は持っていないことがありますし、弁護士でないとできない業務もあるからです。 また、試験の際に相続税は必須科目ではないので、相続税について知識が乏しい可能性もありますので、そこはしっかり確認しましょう。

遺産相続手続きは自分でも行うことができる

遺産相続手続きは自分で行うことが可能です。ただ、自分で遺産相続手続きを行う際にはそれに伴う利害関係人に関する同意などをしっかりとえておかなくてはいけません。法定相続があったときには遺産は一度家族の共有財サインとなりますので、そのドニ単独所有の宣言をして遺産分割をしなくてはいけません。

遺産が存在しても自分以外にその遺産を相続する人間が存在しないときには話が別ですが、遺産を相続する際に他にも利害関係人が存在するときには自身が相続する分をきちんと法律的にも確定させなくてはいけないのでその点だけは注意をしなくてはいけません。

相続手続きをおこなう場合について

相続手続きをおこなう場合においては難しいのは内容と言うよりも、何が必要になってくるのかをしっかりと見極め、優先順位を決めていくことが必要とされてきます。相続手続きには、期限が設けられているものもいくつかありますので、その期限を遵守するのは大前提となりますし、相手が必要となる手続きの場合には、余裕を持って設定していくことが必要とされます。

いずれにしてもしっかりと管理してくことが必要となりますので、不安や疑問な点があるようであれば早めに専門機関や、弁護士などの法律家に相談することが望ましいでしょう。

相続手続きの棚卸しについて

相続手続きをおこなっていくうえで、最初に全スケジュールを把握しておく点がポイントでしょう。一つ一つの内容としてはむずかしい事はありません。細かな内容や煩雑な内容がありますので、前もって知っておくことでミスやとり逃しのないようにしておくことが大切です。

仕事などと同じく、相続手続きも棚卸しをしておくと、失敗は少なくなります。期限が設けられているものなどもありますので、そういったものは可能な限り優先しておこなっていく方がいいでしょう。万が一迷うようであれば専門の期間に相談し、助言を求めた方がいいでしょう。

意外と知られない相続手続きの問題点

経験している人にしか、相続手続きの問題はわかりません。本当に難しいとされていることも多いので、少しでもいいから相続の情報を理解しておきましょう。特に注意したいことが、借金を抱えているときの相続です。

大きな問題の1つとされていて、意外と経験している人でも悩みどころです。借金が残っていて遺産が多い場合、相続手続きをしつつ売却する手続きも行って、借金を大幅に減額、もしくは返済しなければなりません。一方で返済できないほどの借金が残されているなら、これは相続しないほうが無難であり、放棄する手続きを進めることになります。

相続手続きに関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5