正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

遺言書作成は文例を参考にしましょう

遺言書作成をするためのルールは、民法に定められています。自筆証書遺言の場合は、自筆で署名押印をすればよいというシンプルなものです。そのほかに、作成日を記入する必要があります。これらはすべて自筆でなければならないため、パソコンで印字したものは無効となってしまうので注意しましょう。

また、相続分の指定など、内容は自由に定められますが、トラブルを避けるためには文例集等を参考にすべきです。あいまいな記載の場合、その内容を巡って相続人間でもめてしまう事例も見受けられます。そうなると、家族関係がこじれてしまうため、注意しましょう。

自筆証書遺言書作成の書き方について

大阪 の方が遺言書作成をする場合の、自筆遺言書作成の書き方を紹介したいと思います。自筆で簡単に書けるものですが、法律に定められた要件や形式があります。不備がある場合は無効になってしまいます。

せっかく書いても、自分の思いが実現されない事になってしまいますので、注意が必要です。たとえば、自宅の家屋敷を長男に相続させたいと思う場合は、登記簿謄本通りの正確な住所を記載する必要があります。土地であれば、所在地、地番、地目、地籍まで正確に記載する必要があります。預貯金であれば、金融機関、支店名、預貯金の種類や口座番号まで記載する必要があります。日付けと氏名、住所を記載し、実印を押します。

遺言書作成に覚えておきたい要点

遺言書作成とは、特定の人だけが行うわけではなく、どんな方でも進めることができます。特別な知識が無い場合においても、大阪などの都市部に数多く存在する弁護士や司法書士などの国家資格を持つ専門家によって、適切なアドバイスが行われるため、円滑に作成することができます。

資産を持つ方の場合、遺された家族の間では遺産相続の問題が大きなトラブルに発展する可能性が存在しています。遺言書を通じて自分の意志をはっきりと示しておくことにより、どのような相手にどれだけの分配が行われるのか、法的にも有効となります。確実な遺産相続を行うためには、必要なものです。

遺言書作成の方法に迷う時には

遺言書作成について取り組んでみても、有効な物でなければ意味がありません。中には、せっかく遺言書を作成したにも関わらず、要件が満たされていないなどの内容不備によって、無効となってしまう場合もあります。

万が一、遺言書としての効力が発揮されなかった場合、遺産相続において残された家族などの間に大きなトラブルが発生するというパターンも起こりかねません。また自筆の遺言書については効力の幅が大きなものとなり、思いの他、慎重に作業を進めることが、正式に認められる遺言書の完成へと近付けます。大阪などの都市には、遺言書の作成代行や無料相談などを扱う事務所も存在します。

遺言書作成は早いうちに対応する

もし遺言書が必要に感じているなら、まずは早いうちに作るかどうか検討してください。もしかしたら文字が書けなくなったり、急に体調が悪くなってしまい、書く前に何もできない状況となる場合もあります。

遺言書作成は、早いうちから考えたいものですし、結構早いタイミングで作っても効力を持っています。話をして、早めに作ったほうがいいのか検討して、問題がなければすぐに作成を行います。ただ効力が切れてしまう可能性も十分にありますので、タイミングが早すぎて使えない場合もあります。その場合はもう1度遺言書作成を行えば大丈夫です。

遺言書作成は誰に依頼すれば良いか

遺言書作成はご自分一人で行わず、法律の専門家に協力してもらって作成するのが安全です。しかし依頼できる専門家には司法書士や弁護士など様々な種類があります。誰に依頼するのが適切なのでしょうか?

相続税に不安がある場合は税理士が頼りになります。不動産が多い場合は司法書士が良いでしょう。書類作成の専門家である行政書士は比較的安価に依頼することができます。遺族の相続争いが予想される場合は弁護士です。遺言書と合わせて遺言執行も依頼すると良いでしょう。公証役場での遺言書作成は、証人2名の立ち会いが必要など、完成までとても手間がかかりますが、最も信頼のおける依頼先です。

遺言書作成における注意点について

資産を持つ方が亡くなった際などにおいて発生する遺産相続の問題において、重要な事項の一つとして遺言書作成が行われているかという点が挙げられます。正しい遺言書の作成が行われていなければ無効となってしまうケースもあり、法律に基づいた作成方法を進めることが必要とされています。

弁護士などによって代行手続きや相談業務が取り扱われている他、遺言書の作成には複数の手段が存在しています。作成する本人のみの作業によって完結できるものだけでなく、公証人や公証役場の介入が必要なものもあり、状況や記載内容によって異なります。

遺言書作成に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5