正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

相続で困った時に

家族の中でおじいちゃんやおばあちゃんが亡くなった際に、配偶者や子供などに相続されます。その時に兄弟がいる場合などには、その金額や配分で揉める事がよくあるようです。

相続についてトラブルになり、どうしていいのか分からないという時には、ぜひ法律家を利用してすっきりと解決してしまいましょう。

いきなり司法書士や法律事務所に足を運びにくいと感じた人は法テラスや地方に設置されている弁護士会などを通して相談するといいかもしれませんね。

家族の存在というのはかけがえのないものです。
ですので、いつまでも問題なく仲良く生活したいですね。時には法律を活用して、きっぱりと解決した方がいいケースもあるでしょう。

子供が複数の場合遺留分は平等に分けます。

法定相続人が配偶者だけの場合は配偶者が100%相続しますが、必ず相続できると決められている遺留分はその2分の1です。子供だけの場合も同様になります。もし子供が複数いる時は子供同士で遺留の分も平等です。

相続するのが配偶者と子供の場合は法定相続分は2分の1ずつで遺留の分は4分の1ずつとなります。配偶者と子供はこのように2分の1ですが、相続するのがもし親のみですと遺留分は3分の1で違いがあります。

配偶者と兄弟姉妹で相続する場合は4分の3と4分の1、兄弟姉妹のみで相続する場合は法定相続分としては兄弟姉妹が100%すべて相続しますが、どちらの場合も兄弟姉妹には遺留分の権利がありませんのでこの点は注意が必要になります。

各機関へ可能な相続相談

遺産相続の手続きが進められる際において、弁護士や司法書士等の国家資格を有する専門家への相続相談が行われるケースも多く見受けられます。無料での相談業務が取り入れられている機関も多く、最初に掛かる費用を気にせずに利用することもできます。

複数の遺産相続人が存在している場合や、遺言書の記載内容に偏りが見られる場合など、遺産相続に関するトラブルには、あらゆるパターンが見られるため、詳しい法律に関する知識や情報が必要とされる場面も多く存在しています。判断に迷う時や、より大きなトラブルへの発生を回避させたい時など、広く利用されています。

大いに利用したい相続相談

資産を所有する方が亡くなった場合における遺産相続には、残された家族などの間でトラブルへと発展するケースも多いものです。近年では、弁護士や司法書士への相続相談が積極的に勧められており、法律に基づいた判断基準や条件決定などを行うことが可能となるため、より幅広く活用されています。

相談業務に関しては無料で取り扱われていることも多く、費用が気になる方にとっても気兼ねなく利用できるよう工夫されています。メディアなどでも多く宣伝されていることによって、幅広く認識されるようになり、多くの方に利用されながら、速やかな問題対処が行われています。

より活用させたい相続相談

遺産などの相続相談は、司法書士や弁護士などの国家資格を持っている専門家で主に取り扱われていて、相談受付を無料で行っている機関も存在しています。どうしてもトラブルが引き起こされがちな遺産の相続問題については、法律に基づいた制度や項目が細かく定められていることもあり、より詳しく内容を把握しておくことがスムーズな問題解決に繋がる場合もあります。

遺言書の記載内容による遺産分配の偏りや、複数の相続人による争いが避けられるよう、一つ一つの問題に対して慎重に対応することで、より大きな問題へ発展するという事態を防ぐことができるでしょう。

相続手続きに関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5