正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

他人の借金と債務整理

「迷惑をかける事はないから連帯保証人になって欲しい」たとえ親しい人からその様に言われたとしても断りたいですね。

他人の借金というのは絶対に引き受けない様にしたいですね。
他人の借金を引き受けた事によって債務整理をするなど大変な事になっている人もたくさんいます。

保証人の書類に同意してサインする様な事は何としても避けたいですね。
自分も債務整理を行い破産してしまう可能性もあります。

借金という形式ではなくて、必要な金額を聞き出し、キャッシュで貸し出すというのであれば利子が増える事はありませんので、被害がそれ以上増える事はありません。
そして、何より取り立てに苦しむ必要はありません。

債務整理や個人再生の手続きについて

債務整理は、債権者と債務者間で交渉をして、債務者の借金の支払いを緩和する手法です。個人再生は、法律の規定に基づいて、支払いをしながら債務者が借金問題から立ち直るようにする手法です。

いずれの借金の問題を解決するための手法ですが、前者は任意で行われ、後者は法律の手続きによって行われるという違いがあります。債務整理は、弁護士を通して行うのが通常で、故人で交渉をお願いしても応じてくれないのが普通です。

個人再生は、個人でも申し立てることが可能です。債務整理の方が資格制限がないという点ではメリットがありますが、応じるかどうかが債権者次第というデメリットもあります。

債務整理を任意整理で行うと負担も小さい

任意整理は、減らせる金額があまりないものの、その代わりに弁護士などに支払う金額も安くなっています。1つの会社につき費用が加算されるので、1社から借りている状況であれば、そんなに負担となる状況は生まれません。

弁護士にも支払いやすく、利息の分だけしっかり軽減されることになりますので、結構支払いやすいように感じられます。ただ減額できる金額はそこまで多くありません。何とか減らしたと思ったら、まだ返済額が多く残されていることも十分にあります。そこで債務整理を実施する場合は、他の方法を考えた上で利用することになります。

債務整理の1つ任意整理をするメリット

月々の生活費が足りなくて、月末に少しずつ借りていたら、いつの間にか借金が増えていたなんてこともあります。返済に困ったら債務整理という方法があります。債務整理にはいくつか種類があり、任意整理、過払い金返還請求、民事再生、自己破産があります。

その中で、よく利用される方法が任意整理です。この手続きは、個別で借入先と返済方法や返済額の減額、利息の引き直しをします。裁判所など公的な機関を通さないので、手続きも簡単で、交渉する借入先も選ぶことができます。自動車ローンなどは、そのまま支払うこともできるので、自動車を引き揚げられる心配もありません。ただし、ブラックリストには登録されます。

任意整理を選んだ時の債務整理方法

借金を抱えて返済が困難になったときに行うのが債務整理ですが、その方法の一つとして任意整理があります。借金の減額や金利の見直しなどを債務者と債権者の間で行うのが特徴です。そのため、裁判所を通すことなく交渉ができるので、弁護士費用などの削減になります。

しかし、債権者と直接交渉するので、交渉力が必要になってきます。この方法では、過払い金が戻ってくる可能性がありますので、手続きをしましょう。借金生活から抜け出すことができる方法の一つですが、自身の現状を把握して時には弁護士に相談しつつ行うようにしましょう。

借金・過払い・債務整理に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5