正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

弁護士の仕事

TOP > B型肝炎訴訟 > B型肝炎訴訟で得られるB型肝炎給付金

B型肝炎訴訟で得られるB型肝炎給付金

B型肝炎ウイルスに感染している場合、知っておきたい事柄にB型肝炎給付金があります。

B型肝炎給付金は、昭和23年から40年間の期間で、集団予防接種を7歳までに受けた方で、連続して注射器を使用したことが原因でウイルスに感染した方と、その感染者から輸血や血縁などで感染してしまった方に給付金として支払われ、相続人の場合でも給付を受け取ることができます。

B型肝炎給付金を受け取るための手段としては、B型肝炎訴訟を起こして、国家に賠償請求訴訟をする必要があります。B型肝炎訴訟で国と和解を行うことによって、裁判所において受給対象者と確認がとれた場合、B型肝炎給付金が支給されます。

弁護士の仕事に関する情報

B型肝炎訴訟は自分1人で行えるのか

B型肝炎訴訟を行うにあたり、弁護士に依頼した場合、もちろん弁護士に報酬として費用を支払わなければいけません。弁護士にもよりますが、非常に大きな割合をしめています。

ここで、弁護士に依頼をせずに提訴は自分で出来ないかと考える人も中にはいるでしょう。ではB型肝炎訴訟は、提訴を1人で行えるのでしょうか。

結論は、自分1人で行うことが大変難しいです。提訴の最低条件を満たしていても、大体の方は幼少期の予防接種後B型肝炎を発症するまで長期間を要していることで、証拠書類の準備に手間取るからです。弁護士の指示なく証拠書類を揃えるのは、非常に困難だとされています。

B型肝炎訴訟をしないと給付金がもらえない

B型肝炎に感染した人は、B型肝炎訴訟をしないと、国からの給付金がもらえません。なぜなら、本当に集団予防接種等で感染したのかを裁判で審議するためです。

B型肝炎ウイルスに感染してしまった原因としては、集団予防接種を受けた際の注射器の連続使用などさまざまな原因が考えられます。

例えば、B型肝炎ウイルスの感染者から輸血をしてもらったり母子感染などがあるのです。そのため、注射器の連続使用が原因でB型肝炎に感染したか判断するための手続きとして、裁判が一般的です。

B型肝炎給付金を支給してもらうために裁判が必要とさされている理由がこれです。

B型肝炎給付金の存在を知って

B型肝炎ウィルスに感染していても、自覚症状がなく、献血で発覚することがあります。集団予防接種などで注射器が連続使用されてウィルスに感染した場合であれば、B型肝炎給付金が支払われます。生年月日にも限定があり、請求期限もあります。

肝臓がんで家族をなくした遺族も対象になります。手続きは煩雑ですが、独自にできないほどではありません。しかしながら、治療中であれば精神的な負担にもなります。費用はかかりますが、弁護士に相談すると煩雑な手続きから免れることができます。弁護士費用の一部も国から支給されるので、負担は一部軽くなります。

現在も続くB型肝炎訴訟

現在では考えられない注射器の使い回しですが、昭和23年から63年の間にはおこなわれていました。集団予防接種での注射器の使い回しが原因となって、B型肝炎ウイルスに感染してしまった方がおよそ40万人もいるそうです。

国は責任を認め、被害者に給付金を支払うことになっていますが、被害者が実際にB型肝炎給付金を受け取るためには、救済条件に当てはまることを証明する資料を揃えて、国を相手に裁判を起こす必要があります。

今もB型肝炎ウイルスによる症状で苦しんでいる方が裁判を起こしています。B型肝炎訴訟と聞くと昔の話と思うかもしれませんが、今も続く訴訟です。未だに感染に気づいていない方も多くいるそうです。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

メニュー

司法書士に相談!HOME 過払い請求 債務整理 相続手続き 遺言書作成 交通事故の弁護士 B型肝炎訴訟 過払い 弁護士