正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

弁護士の仕事

TOP > B型肝炎訴訟 > B型肝炎訴訟の給付金

B型肝炎訴訟の給付金

B型肝炎訴訟はB型肝炎に感染していることが発覚し、国が責任を認めて救済を行う制度です。B型感染に感染した者としては連続で注射器を利用したことが原因により起こっていると考えられます。国がその責任を認めていると言う事は珍しいケースになります。

訴訟の給付金の金額に関しては病態にもよりますが、500,000円からの金額になっています。このB型肝炎訴訟は申請をしなければ受け取れないケースになりますので、多くの方が手続きをしていないのではないでしょうか。今までの訴訟は、提訴できる期間が定められていましたが、法改正をしたことによって請求できる期限が数年間延長されています。

給付金の獲得にはB型肝炎訴訟が必須

B型肝炎訴訟というのは、幼少期の予防接種時に注射器を連続で使用されたことで、B型肝炎ウイルスに感染させられたり、感染者の母乳によって母子感染してしまった方たちを、国が責任をもって救済する制度です。

給付をもらうためには、B型肝炎ウイルスに感染してしまったことを、裁判所が判断するための手続きをおこなわなければなりません。B型肝炎に感染したという場合、まず訴訟を起こさなければなりません。

必要書類を集め、訴状の作成をします。自分自身でできますが、それにはある程度知識が必要となります。それがわからないというのであれば、弁護士費用がかかりますが、弁護士に依頼しましょう。

B型肝炎訴訟で必要な注射器の連続使用の確認

B型肝炎訴訟では国の責任期間である昭和の特定時期において、集団予防接種等の治療を受けたことがあるかどうかを確認します。

これは母子健康手帳や予防接種台帳の記載で確認できますが、両方とも提出できない場合は、母子健康手帳をどうして提出できないかの陳述書、集団予防接種に関する陳述書、接種痕意見書や満7歳になるまで居住歴がどのようなものか確認できる住民票、戸籍附票の写し、または戸籍の附票の不在証明書などが必要で、最悪の場合は幼稚園、小学校の卒園・卒業証明書等の全ての書類が必要になります。ご不明なものがあれば専門の弁護士に相談すると安心です。

B型肝炎訴訟の敗訴事例

B型肝炎訴訟で提訴した場合、時間を要しますが必要な書類を全て提出すれば和解になる場合が大半です。では、和解に至らない場合は、どのようなときなのでしょうか?それは、B型肝炎訴訟提訴の最低条件を満たしていないと判断され、提訴までいけない例です。

次に二次感染者・三次感染者による例で、B型肝炎ウイルスのジェノタイプが、ジェノタイプA型である場合、1996年以降に発見されたウイルスであるため、感染経路が違うと推測されてしまう例です。

もう一つは、原告被害者が乳幼児期に輸血を受けた場合、感染経路が輸血なのかウイルスによるものなのか判別がつかない例です。以上が敗訴するケースとなります。

B型肝炎の感染経緯とB型肝炎訴訟における国への損害賠償金額

B型肝炎に持続感染している人の多くは、母子感染が多いそうです。出産の時に産道出血によりB型肝炎ウイルスが新生児の体内に侵入することによって感染します。

また、幼少期に受けた集団予防接種で用いられた注射器が、使い回しされていたことでB型肝炎ウイルスに感染したと思われる方々もいます。このような方が国に対して求める損害賠償の訴訟のことをB型肝炎訴訟と言います。

集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染したと国が認めた方は、最高3,600万円のB型肝炎給付金が支給されることになっています。しかし、感染の出発点が集団予防接種であると認められない場合は、給付の対象になりません。

弁護士の仕事に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

メニュー

司法書士に相談!HOME 過払い請求 債務整理 相続手続き 遺言書作成 交通事故の弁護士 B型肝炎訴訟 過払い 弁護士