正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

その他

過払い金の時効に注意

借金をして返済をしない状態を続けて行くと、さらに延滞金などを取られてしまいます。
しかしながら、不当な金利で貸付けをしていた業者に対しての過払い金の返済については時効が認められています。

なんとも理不尽な話しではありますが、完済日から10年以上経つと時効が成立してしまいます。

ですから、過払請求ができる人はまず、自身の完済した日数から10年以内に過払請求をしなくては、違法な金利を支払ったにもかかわらず返済してもらう権利が無くなってしまいます。

キャッシングやローン、消費者金融などでお金を借りたことがある人は、自身が過払い請求の対象者なのかを確認してみてはいかがでしょうか。

過払い請求は出来る限り早く、司法書士などに相談することが大切なのです。

過払いは法的に認められている権利

過払いは法的に認められている権利です。違法な金利に基づいて返済をした結果払いすぎているお金なので、不当利得返還請求によって返還を請求することができます。債務整理は私的な交渉によって返済を減らしてもらうものですが、過払いについては私的なものではありません。

裁判で訴えれば100パーセント戻ってきます。ただし、請求するためにはノウハウがあります。きちんと要件事実の主張を行わないと、たとえ権利があっても裁判所は認めてくれないからです。そこで、請求をするならば弁護士を頼りましょう。弁護士なら、裁判外で和解をしてもらうこともたやすいです。

多重債務などでの過払い金における影響について

過払い金の概要は理解していているのにも関わらず、請求をおこなわない場合には、請求をおこなったあとの影響や個人信用情報に、事故情報が載る影響などを考えると懸念してしまうからでしょう。

このような情報については、情報が錯綜している部分がありますので解決したいようであれば、弁護士や司法書士などの法律家を訪ねることが間違いないでしょう。過払い金の請求をして大きな影響はないことがあげられますが、当然ながら同じ貸金業者で借り入れる事はできなくなります。多重債務者は借り入れ先を混同しないように注意が必要になるでしょう。

多重債務の状況でも過払い請求をおこなう

多重債務の状況でも過払い請求をおこなうべきかどうかは、やはりおこなうべきでしょう。多重債務者になってしまっている状態は、お金の工面が大変な点が予想されますので、少しでも役立てるために過払い金の請求は必須なことだと言ってもいいでしょう。

請求金額は人によって異なりますので、どの程度の金額かは計算してみないとわかりませんが、長く借りている人は大きな金額が戻ってくる可能性があるでしょう。実際に請求をおこなう際には、自分でおこなう方法もありますが、弁護士や司法書士といった専門家に依頼して、おこなうことが最適です。

多重債務の状態でも過払いの請求をする

気がつかないうちに多重債務の状態に陥ってしまったケースは数多くあります。多重債務者になってしまった場合には、日常生活でお金を管理するのは非常に大変なことでしょう。できる限り頑張りたいと思う人が大半だと思いますが、借金を一人で抱えている状態で頑張っても、余計に悪化してしまう可能性もありますので、あまり無理しないことです。

しかしながら、過払い金請求などでお金を取り戻す方法があれば、積極的におこなって行くべきでしょう。その場合において、弁護士や司法書士などの専門家が相談にのってくれますので、聞いてもらうといいでしょう。

借金・過払い・債務整理に関する情報

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5