正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

解決に導くプロ

借金問題

相続手続き、遺言書作成

弁護士の仕事

相続できるもの

相続税について。国税庁のHP

お金と言えば相続する事ができる物の代表として知られている事が多いかと思います。また、他にも家や土地なども可能だという事で知られているでしょう。

しかし、それだけではありません。他にも相続する事ができる物はたくさんあります。

高額な価値がある物が多いですが、株式や社債、車なども可能です。純金などの高価な金属類や骨董品なども引き継がれる事があります。その中でも、土地や株式などは価値が変動しますので、気を付ける様にしたいですね。

こうしてみると、かなりいろんな物を引き継ぐ事ができるのだな、という印象を受けました。

皆さんは、どんな物を大事な家族に引き継ぎたいと考えていますか?

悩んだ時の弁護士ガイドhttp://www.irishcottagedesigns.com/。離婚や交通事故や借金問題について。

http://www.tempoplastico.com/弁護士With。困ったら身近な弁護士事務所へ。

http://www.thisistuf.com/まずは弁護士に相談。困ったら法律問題は弁護士へ。

相続について

相続で困った時に信頼がおける遺言書の作成
遺言書で無事に相続司法書士で相続相談
相続手続き遺産相続手続きの際に必要な手数料
遺産相続手続きで実印が必要になる場合遺産相続手続きに税理士を使うべき時
遺言書作成子供が多い家庭は、遺言書作成が大事です
相続トラブルを未然に解決する遺言書作成遺言書作成には専門家のアドバイスを参考にしよう

弁護士について

交通事故の弁護士法律相談料が必要な司法書士
弁護士の仕事と年収離婚相談

借金問題について

過払い金の時効に注意過払い請求でお金を取り戻すには
過払い請求知られたくない過払い請求
他人の借金と債務整理弁護士へ過払い請求を依頼する利点
司法書士で債務整理事前に調べておきたい債務整理
任意整理をして債務整理をしよう自己破産 民事再生 任意整理などの債務整理の特徴

B型肝炎給付金について

B型肝炎訴訟B型肝炎訴訟の対象者の概要
B型肝炎訴訟の給付金B型肝炎訴訟で得られるB型肝炎給付金

法律の専門家なら安心

債務整理の対象者が、自力で過払い請求を行うのは実際には困難なのが現実なのです。
こういった手続きは個人でおこなわない場合は、弁護士や司法書士に依頼することになります。

相談料や1社あたりに着手金を請求されることを懸念する場合には、司法書士に依頼するほうが得といえます。

なぜなら、司法書士の場合は相談料や着手金はほぼ請求されることはなく、成功報酬も安くなっていることが多いからなのです。

しかし司法書士は140万円までの過払い請求しか出来ませんので、自身の過払い金がどれほどあるのかによって違ってきてしまいます。

正式な過払い金額がわからない場合は、まず司法書士に相談してみてもいいのではないでしょうか。

法律の専門家なら安心して相談することも可能ですし、無料相談などを行っている司法書士も多いのです。

多重債務で滞納しているなら債務整理を検討しよう

多重債務で返済ができない、滞納しているというのであれば、債務整理の手法が有効です。債務整理は、業者と任意交渉を行って支払額を減らしてもらう手段です。うまくいけば、収入から支払っていけるだけの額で手を打ってもらうことができます。

ただし、容易に応じてもらえるわけではありませんし、業者によっては強気に拒否を続けるところもあります。また、個人で交渉をお願いしても絶対に応じないため、弁護士を雇って交渉をしてもらうことになります。弁護士は、いろいろなタイプがいますが、成功させたいなら実績がある弁護士に依頼すると、交渉をうまくまとめてもらうことができます。

債務整理で借金を整理しましょう

過去に生じた借金問題でお困りなら、債務整理という手段もあります。債務整理には、任意整理や自己破産などいくつかの方法があります。その中の、任意整理では裁判所を通さずに借金問題を処理するもので、比較的短期間で終わることができます。

任意整理では、法律で決まっている利息制限法を元に、利息を再度計算することで債務の総額を減少させることができます。過去の決まった期間が対象ですが、この間に取引を行い、借りていた期間が長かったり多重債務があった場合には、より過払いになっている可能性があります。デメリットは、ブラックリストに載ることで、整理後の5年ほどは借金ができません。

住宅ローン利用者が債務整理に利用したい個人再生

現在住宅ローンを利用中に多重債務に陥り、債務整理をお考え中の方は、せっかく購入したマイホームを手放す心配があり、手続きを行うのに消極的になっている方もいらっしゃると思いますが、そこで利用したいのが個人再生です。

この方法は債務整理の中の一つで、自己破産などとは異なり自宅を手放す必要なく債務整理を行う事ができ、手続きによっては元本を減額することができますが、三年間で返済を行う必要があり、しっかりとした計画を立てる必要があります。住宅ローンは減額されないものの一番のメリットは自宅を手放さずに済むことで、個人再生をうまく活用するには、弁護士などの専門家を利用してしっかりとした余裕をもった返済計画を立てる必要があります。

遺産相続手続きには期間があるので要注意

遺産相続手続きには、様々なリスクが潜んでいます。そのリスクのきっかけとなっているのが遺産相続の期限です。遺産相続手続きの期限切れで、他人の物になってしまうのではないかと不安に感じている人も数多くいますが、それよりも怖いのがこれには、期間が設けられていて、もしも多額の借金が遺産となって残っている場合、3ヶ月以内に遺産放棄をしなければ多額の借金を背負ってしまいます。また、相続税や所得税など税金に関わってくる期間制限もありますので、注意が必要です。

遺産相続手続きには、期限が設けられているということを十分理解しておきましょう。そうしなければ、損をするのはあなたです。

相続手続きで一番重要視されるもの

相続手続きにおいて一体何が一番優先されるのでしょうか?もし故人が遺言書を残している場合には一番優先されるのはその遺言書です。遺言書が自筆のものであった場合には開封の際に裁判所で検印をしてもらわなければならないので、遺言書を発見したらまずはどういった形式の遺言書かを確かめる必要があります。

もし弁護士さんなどに依頼して作成してもらったものなのでしたら検印は不要ですのでその内容に従って分配していきます。弁護士さんに依頼して作成してもらった場合には保管もそのままお願いしていることが多く、開封も立ち会ってもらうように依頼していることが多いです。

しっかりと勝ち取りたい相続手続き

両親などが亡くなってしまうと相続をおこなうような必要が出てきます。そのような場合において相続手続きが必要とされますが、相続の内容が決めるまでに話し合いを続けなければいけません。

遺産分割協議においては相続人同士で話し合うこととなりますので、決まるまで話し合いを続けなければいけません。相続を得意にしている法律事務所では、このような協議の場で進行役を務めたり、相続手続きなどをおこなってくださいます。さまざまなサポートをしてくださいますので、遺産相続を専門にされている法律事務所に依頼することをオススメします。

遺留分と贈与税の支払い方

遺産相続の際に贈与税が発生するケースに関しては、数多くのメディアで取り上げられることがありますが、前もって遺留分の内容をじっくりと理解することがおすすめです。

近頃は、遺留分の計算方法について、若者向けの情報誌や口コミサイトなどでしばしば紹介されることがあるため、空き時間を使いつつ、便利な知識を身に着けることが求められます。また、贈与税の支払いのタイミングについて迷っていることがある場合には、プロの税理士や公認会計士などにサポートを受けることによって、様々なトラブルを未然に防ぐことができるようになります。

遺言書作成の際の注意点とは

遺言書を作成することで、法的相続人となる遺族たちに自分の意思を伝えることができます。自分が残した遺産によって相続人たちが争わないようにするためにも、遺言書作成は必要とされる準備の1つといえます。

遺言書を作成する際には、本人が自筆で全文を記入する自筆証書遺言と、公証役場で作成する公正証書遺言の2種類から選ぶことができます。それぞれにメリットとデメリットがあるので、遺言書作成における疑問点やわからないことがあれば、全国にある司法書士事務所に相談すると解決策が見つかります。大阪にも専門の事務所が設置されています。

遺言書作成を行うには

遺言書作成において必要なものというのは特にありません。書き方がよくわからないという場合は書籍やネットを参考にすべきかと思いますが、基本的に自分一人で書き上げられるものです。しかし、遺言書の効力に差はでます。

どういうことかと言うと、自分一人で書き上げたものは本当に本人のものか死後には確証が薄まります。偽造や改ざんなどの可能性を否定しきれないからです。そのようなことを避けるには弁護士のような第三者に関わって貰うと安心です。法的にも自分だけで書いた遺言書よりも、第三者が関わったものの方が、効力が強いことになっています。大阪など色んな場所に遺言書などに精通した弁護士はいるので、相談してみましょう。

確実な遺言書作成なら公正証書遺言

死後に親族が遺産相続でもめないように遺言書作成をしても、必要な要件を満たさず遺言書が無効になってしまっては意味がありません。確実に効力のある遺言書にするなら、公証人と作成する公正証書遺言がおすすめです。

公証人と相続に関係のない証人や、戸籍などの各種書類を用意しなければなりませんが、不備によって無効となる可能性はありません。また、公証人役場で保管してもらえるので、無くしたり書き換えられたりする心配もありません。ほかの種類の遺言書と異なり、開封の際には家庭裁判所での検認の必要もありません。遺産が多い人や、相続人が多い人には特におすすめと言えるでしょう。

B型肝炎給付金に関する事柄

まずB型肝炎は、B型肝炎ウイルスが血液や体液を介して感染する肝臓の病気です。

なぜB型肝炎給付金制度が存在するのかというとその昔、集団予防接種での注射器の使い回しによりB型肝炎ウイルス感染が起こりました。今では考えられない事なのですが、信頼していた予防接種が原因でB型肝炎になり苦しい思いをしている方が多くいるのです。

B型肝炎給付金は国からの損害賠償金と言えます。しかし給付金はB型肝炎の方全てに支払われるのではありません。集団予防接種以外での感染原因がない方、母親が集団予防接種で感染した人で母子感染した人が対象となります。

B型肝炎給付金を知って欲しい

B型肝炎給付金は、ある一定期間に集団予防接種等の注射器連続使用を受けたことによりB型肝炎になった人と、その方から母子感染した方に対し、病状に応じて50万から3600万等をお支払いするものです。

給付の対象となる方への認定は裁判所にて救済に値するか確認してもらい、その後、国を被告としB型肝炎訴訟を起こし和解する必要があります。

B型肝炎訴訟手続きを行わなければならないため、救済を受けた方はまだ一部の方たちのみです。自分がB型肝炎ウイルスに感染していると知らない方たちも多いのです。一人でも多くの人が救済を受けられれば良いのですが、自分も対象者かと思ったら、弁護士に相談してみましょう。

B型肝炎訴訟で給付金を請求しよう

B型肝炎で苦しんでいる人は、弁護士に相談して、B型肝炎訴訟をし、給付金を請求しましょう。

B型肝炎給付金の対象者は、昭和63年までに生まれた人の中で、集団予防接種を満7歳になるまでに受けたことがあり、使用済みの注射器を連続で使用していた人や、母子感染していない人で集団予防接種を受けた一次感染者です。

また、集団予防接種によりB型肝炎になった母親から生まれ、母子感染した二次感染者も対象になります。一次感染や二次感染で家族を亡くした相続人も給付金の対象者となります。

給付金を請求するのは難しそうと思っている人は、弁護士に相談し、B型肝炎給付金を受け、少しでも安心して治療に臨みましょう。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

メニュー

司法書士に相談!HOME 過払い請求 債務整理 相続手続き 遺言書作成 交通事故の弁護士 B型肝炎訴訟 過払い 弁護士